FIRE CLINIC(ファイヤークリニック)

意思の力に頼らない
科学によるダイエット

GLP-1「サクセンダ・リベルサス」
  • restaurant少量の食事で満腹感が得られます。
  • icecream「甘くて高脂肪なもの」に対する食欲を抑えます。
  • accessibility_new糖質の吸収を抑制することで脂肪として蓄えにくくします。
  • local_fire_department脂肪燃焼作用が高まります。
  • polyline身体に元からあるホルモンを使ったお薬です。

GLP-1ダイエットとは

GLP-1ダイエットとは、「GLP-1受容体作動薬」というお薬を用いて行われる医療ダイエットです。
自宅で1日1回服用し、食欲の抑制効果などによりストレスを感じにくくダイエットできることが特徴です。
サプリメントと違い、医学的に体重減少効果が認められた治療法です。(自由診療)

polyline「GLP-1」ホルモン

GLP-1(グルカゴン様ペプチド)は誰もが体に備わっているホルモンです。
GLP-1は食事を取った際に小腸から分泌され、それが脳、胃、脂肪組織など様々な組織に働きかけることにより満腹感をや糖質の吸収の抑制などが行われます。
このGLP-1の分泌量が多い人ほど痩せやすい体質になり、一方で少ない人は太りやすい傾向にあります。

GLP-1「サクセンダ・リベルサス」

GLP-1受容体作動薬はすい臓のβ細胞表面にあるGLP-1の鍵穴 (受容体) にくっつき、β細胞内からインスリンを分泌させます。
その後満腹中枢である「視床下部」に作用すると、摂食抑制神経である、POMC神経を活性化させ、食欲を抑え、満腹感をもたらします。
また私たちの脳内の報酬系回路と呼ばれる、食べ物の好みや味の好き嫌いを担当する部位を抑制し、食べ過ぎを抑えます。

詳しいGLP-1の仕組みについては 「GLP-1ダイエットの効果と副作用を医学的根拠をもとに徹底解説」open_in_new をご覧ください。

GLP-1受容体作動薬

この体内にあるGLP-1ホルモンに似た成分を持つ薬が「GLP-1受容体作動薬」です。
当院では注射タイプの「サクセンダ」、飲み薬タイプの「リベルサス」の2つを扱っています。どちらも効果に大きな違いはなく、1日1回の服用でダイエット効果が得られます。
元々はGLP-1受容体作動薬は抗肥満(ダイエット薬)または糖尿病治療として作られた薬であり、アメリカやヨーロッパなどで承認を得ている薬です。日本では飲み薬タイプの「リベルサス」が糖尿病治療薬として承認を得ています。

ストレスなく体重を減らすことに貢献します。

GLP-1

GLP-1薬を服用することで
85%の人に約5kg程度の減量効果が
認められました。※1

  • restaurant少量の食事で満腹感

    食欲をコントロールする部位である脳の視床下部に対して、食欲を抑制させるホルモンを流します。 このことにより適度に満腹感を与えて間食や食べすぎなどを防ぐ効果があります。

  • icecream食べたい気持ちを低下

    普段よりも食欲を抑制します。特に「甘くなくて高脂肪なもの」に対する食べたい気持ちが低下する効果があります。※2

  • accessibility_new糖質吸収抑制

    胃の中にある食べ物を小腸へ送る「蠕動(ぜんどう)運動」を遅くさせることにより消化する速度をゆっくりにさせます。
    このことにより血糖値の急激な上昇を防ぎ、糖質が脂肪として吸収・蓄積されることを防ぎます。
    また胃に食べものが残る時間が長くなることで、満腹感が続く時間も長くなります。

  • polyline脂肪燃焼・活性化

    脂肪の燃焼を促進させます。
    また基礎代謝を向上させる細胞である「褐色脂肪細胞」を増加させる効果があります。

GLP-1受容体作動薬の種類

  • リベルサス
  • サクセンダ
リベルサス~rybelsus~

世界初の飲み薬タイプの
GLP-1受容体作動薬

初回限定 30日分
11,000円(税込)
(定価18,000円)

  • local_drink服用方法
    • 1.起床時などの胃に食べもの飲み物が入っていない時に服用します。コップ約半分(120ml以下)の水とともに服用してください。
    • 2.服用後に飲食する場合は30分以上時間を空けてください。
  • 服用量の目安
    • ・リベルサス錠は3mg、7mg、14mgの3種類あります。
    • ・初めは3㎎から処方を開始します。
    • ・効果が感じられない場合、7mg・14㎎に増量します。
  • error注意点
    • ※空腹時にお飲みください。そのことで胃から有効成分が吸収され、効果が発揮されます。
    • ※錠剤を割ったり、砕いたり、噛んだりせずに、丸ごと飲み込んでください。
    • ※湿気と光の影響を受けやすいため、服用の直前にシートから取り出してください。
    • ※シートをミシン目以外で切り離さないでください。
サクセンダ~saxenda~

ダイヤルで投与量の調整が可能
FDA承認の抗肥満薬

初回限定 1本
17,800円(税込)
(定価23,000円)

  • local_drink服用方法
    • 1.青色のキャップを外し、先端のゴム栓部分をアルコール綿で消毒した後にカバーが付いた状態の針を時計回りに回して取り付けます。
    • 2.針のキャップをまっすぐに引き抜きます。中にもう1つキャップがあるので同様に外します。外すと細い針が出てくるため怪我をしないように注意してください。
    • 3.初回使用時はダイヤルを0の次にある点線に合わせて空打ちをして正しく薬剤が出るか確認します。
    • 4.ダイヤルを処方箋に記載の量に合わせて注射部位をアルコール綿で消毒します。注射部位にまっすぐ刺し、ボタンをプッシュします。
    • 5.そのまま6秒間押し続けて押したままで引き抜きます。注射は一般的には腹部に行われることが多いですが、腕などでも問題ありません。
    • 6.針が入っていたキャップをはめてから取り付けたときと反対側に回すと針が取れます。
  • 服用量の目安
    • ・初めは0.6mgで開始します。
    • ・食欲効果が見られない場合は0.6mgずつ増量します。
    • ※医師の診察のもとで増量の判断を行います。
  • error注意点
    • ※針を外した状態でもペンを他の人と共有しないでください。感染症などの恐れがあります。
    • ※ご使用後の注射針に関しては、当院で回収しております。けがのリスクがございますので、ペットボトルなどの容器に入れてお持ちくださいますようお願い申し上げます。
      なお、当院にお越しいただくことが難しい方は、お住まいによって破棄方法が異なる為、各自治体にご確認ください。

その他の料金

針・アルコール綿
無料
送料
無料
血液検査
無料
血液検査(郵送タイプ)
5,500円

副作用・注意事項

GLP-1

GLP-1受容体作動薬は血糖値が上昇した時に効果を発揮するため、通常時に血糖値を下げすぎるなど副作用は起こりにくい性質のお薬です。
しかし服用当初は吐き気等の副作用が発生することがあります。身体が慣れてくるに連れてそれらの症状は落ち着いてくることがほとんどです。

  • 副作用

    下痢、嘔吐、食欲不振、便秘、低血糖、めまい、ふらつき、動悸


    ※嘔吐を伴う持続的な激しい腹痛、数分間に続く動悸起こった時は、服用をやめて医師の診察を受けてください。
  • 安全な治療を行うために
    • 服用当初は副作用が発生しやすい傾向にあります。
      低血糖症状に備えてブドウ糖(推奨)や砂糖の入った食べものや飲み物を携帯しましょう。

    • bloodtype

      血液検査を受けることを推奨しています。長期間服用する場合、膵臓や肝機能などの異常に素早く対処できます。
      当院ではオンライン診療でも郵送タイプの検査に対応しています。

    • event_upcoming

      計画性のあるダイエットを行いましょう。治療の終了に向けて投与量を減らす、弱い効果の薬への変更を推奨しております。
      またコーチングを組み合わせることでリバウンドしにくいライフスタイルづくりにより一層効果的です。

  • 通販・個人輸入にご注意ください
    近年GLP-1注射の格安通販と称した個人輸入代行の取引が増加しています。
    これらの方法による薬の入手は違法となるケースが多くあり、また偽薬など安全性の欠けた薬剤が送られてくることがあります。
    これらの理由より厚生労働省はGLP-1注射などの処方箋医薬品を医療機関を通さずに通販等で購入する行為に対して注意喚起を行っています。
    https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/kojinyunyu/index.html

    当院はノボノルディスクファーマ社製open_in_newのGLP-1受容体作動薬を扱っています。

よくある質問

効果はいつから現れますか?
個人差がありますが早ければ2週間ほどで効果が現れます。
効果は何時間持続しますか?
おおよそ24時間です。投与後約10時間程度で血中濃度が最も高まり、その後徐々に薄れていきます。
運動や食生活はそのままでもいいのでしょうか?
必須ではありませんが適度な運動や食生活の見直しはより高いダイエット効果が見込めることやリバウンド防止の為にも推奨しております。
依存性はありませんか?
GLP-1受容体作動薬に依存性はありません。
やめたらリバウンドしますか?
突然やめると食生活が元に戻りやすいため、薬剤の減量や効果の弱い薬への変更し徐々に終了することをおすすめします。
サプリメントのGLP-1は効果がありますか?
効果の否定はできませんがサプリメントは医学的根拠がないため期待できません。また血糖上昇時に本来のGLP-1(グルカゴン様ペプチド-1)と似た働きを行い、インスリン分泌や食欲抑制、糖質吸収抑制へ導く可能性は低いと思われます。
服用し忘れたらどうすればいいでしょうか?
時間程度の遅れなら問題ないですが、それ以上空いたらその日は使用しないでください。またリベルサスは服用時に空腹であることが大切です。
妊娠中や授乳中でも使用できますか?
妊娠中・授乳中の方は使用できません。
ずっと飲み続けていいのでしょうか?
連続した長期服用は膵臓などへ負担を与えることから、12ヶ月程度を上限としてください。