FIRE CLINIC(ファイヤークリニック)

痩せホルモンの力で
健康的にダイエット

GLP-1

GLP-1

GLP-1は元から体内にある痩せるホルモンを用いて満腹感や食欲抑制、脂肪燃焼などのダイエットの効果があります。無理な運動や食事制限を行わないためストレスなくダイエットができます。 当院ではGLP-1種類のうち、1日1回注射するタイプのサクセンダを処方しています。このサクセンダは2014年に米国のFDAやヨーロッパなど各国で承認を得ています。

こんな方に

  1. 運動・食事制限をしないで痩せたい

  2. リバウンドしてしまった

  3. ストレスなく痩せたい

GLP-1の効果

  • 食欲の抑制

    GLP-1注射は食欲をコントロールする部位である脳の視床下部に対して、食欲を抑制させるホルモンを流します。 このことにより適度に満腹感を与えて間食や食べすぎなどを防ぐ効果があります。

    食欲の抑制

  • 脂肪の燃焼

    GLP-1注射は脂肪をため込みやすい白色脂肪細胞から脂肪を燃焼しやすい褐色脂肪細胞へ変化させる効果が対されます。そのことによりエネルギー消費を向上させ、普段運動などで減らすことの難しい内脂肪の燃焼につながります。

    脂肪の燃焼

  • 糖質の吸収抑制

    GLP-1注射は食べ物を胃から小腸へ送るための幽門部を軽く締めることにより消火の速度をゆっくりにさせる効果があります。 このことは満腹感が長く続くだけではなく、急激な血糖値の上昇を防ぐことにより糖質が脂肪として吸収されることを防ぐ効果があります。

    糖質の吸収抑制

GLP-1注射の使い方

  1. 青色のキャップを外し、先端のゴム栓部分をアルコール綿で消毒した後にカバーが付いた状態の針を時計回りに回して取り付けます。

  2. 針のキャップをまっすぐに引き抜きます。中にもう1つキャップがあるので同様に外します。外すと細い針が出てくるため怪我をしないように注意してください。

  3. 初回使用時はダイヤルを0の次にある点線に合わせてから打ちをして正しく薬剤が出るか確認します。

  4. ダイヤルを処方箋に記載の量に合わせて注射部位をアルコール綿で消毒します。注射部位にまっすぐ刺し、ボタンをプッシュします。そのまま6秒間押し続けて押したままで引き抜きます。注射は一般的には腹部に行われることが多いですが、腕などでも問題ありません。

  5. 針が入っていたキャップをはめてから取り付けたときと反対側に回すと針が取れます。

副作用・注意点

GLP-1注射(サクセンダ)には主に下記の副作用の報告があります。当院では副作用が生じた際の診察・治療または代わりとなる薬の処方を行っています。不明な点はお気軽にお問い合わせください。

主な副作用

下痢、嘔吐、食欲不振、便秘、低血糖、めまい、ふらつき

通販・個人輸入にご注意ください

近年GLP-1注射の格安通販と称した個人輸入代行の取引が増加しています。これらの方法による薬の入手は違法となるケースがほとんどであり、また偽薬など安全性の欠けた薬剤が送られてくることがあります。これらの理由より厚生労働省はGLP-1注射などの処方箋医薬品を医療機関を通さずに通販等で購入する行為に対して注意喚起を行っています。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/kojinyunyu/index.html

GLP-1注射の料金

GLP-1注射(サクセンダ)1本
初回限定¥17,800
通常¥38,500
診察料・初診料
無料
針・アルコール綿
無料
送料(オンライン診療のみ)
着払い

よくある質問

副作用はありますか?
使用開始時など身体が慣れない頃にはむかつき、吐き気、下痢、低血糖が見られることがあります。ほとんどの場合は時間とともに自然と解消しますが、万が一改善が見られない場合は他のお薬を処方させていただくことがございます。
注射は痛みはありますか?
痛みはほとんど感じられません。かなり細い針を使っているため痛みはほぼなく、また出血もしないことが多いです。
効果はどれくらい持続しますか?
注入量や体質によっても変化しますが、多くの場合は1回の注射で1日持続します。
サクセンダは他のGLP-1とどのように違いますか?
主に使用・服用方法が違いますが効果に大きく差はありません。ただサクセンダは経口タイプなどと比較するとが表れやすいと考えられていることやFDA(米国食品医薬局)の承認も得られています。