FIRE CLINIC(ファイヤークリニック)

HIFU(ハイフ)は効果がないの?いつから効果がでるかピークについて解説

みなさんこんにちは。

FIRE CLINICです。今回は、HIFU(ハイフ)の効果について詳しく解説します。

HIFU(ハイフ)とは照射器をたるみの原因となる部分に当ててたるみを改善するとともにコラーゲンを増殖させるリフトアップの施術です。

詳しくは「ハイフはどんな人に向いている施術?」という記事にかかれているのでご参考ください。

そこで、このHIFU(ハイフ)について効果がないと言われたりしていますが、本当にそうなのか解説をしていきます。

より詳しく興味ある方はFIRE CLINICにご来院ください。

HIFU(ハイフ)の効果がないのは嘘?止めたほうがいいという理由

HIFU(ハイフ)は肌に当てた照射器から、65~70℃ の熱を点状にたるみの原因となる真皮層に向かって当てていきます。

超音波を一点に集中させることで深部までピンポイントで熱エネルギーを届け熱による組織の収縮効果で、顔のたるみ、しわを改善します。

このHIFUについて「効果がない」との口コミがたまにみかけます。

しかし、それは大半が誤解に基づくものであったり専門家でない方の話だったりします。

この効果がないという理由ですがおもに2つあります。

1つ目はまだHIFUの効果が出る段階ではない場合での効果がないという口コミです。とくに、「むくみが出たことで効果が感じられない」という場合です。

これは、むくみがひいてくるタイミングが1ヶ月ぐらいなのでその頃には否定する要素がなくなるでしょう。正しい施術をした場合、こうしたむくみもなくなります。

2つ目は治療回数が少ないという場合です。HIFUも効果ある施術ではありますが1回きりとなりますと十分な効果を得ることは難しいといえます。高い効果を期待するならばやはり繰り返し施術を継続して受けられることをおすすめします。

こうした、誤解が生じてくるのは、HIFUの機械自体専門家でなくても使用することができるので、専門家以外の話で誤解が生じる場合があります。FIRE CLINICでは医師という専門家が施術するのでこうした誤解は起こりえません。安心してご来院ください。

ハイフの効果があらわれるのはいつから?

HIFU(ハイフ)の効果ですが、個人差はありますが、HIFUを照射することで表在性筋膜であるSMAS層(筋膜)にアプローチし、顔・首などのリフトアップは、施術直後から1ヶ月以内に効果を実感することができます。

また、施術後1~3ヶ月ほどするとコラーゲンが新たに生成されるため、肌がすべすべとなりツヤが現れてきます。

更に、HIFU(ハイフ)により皮下脂肪を減少させることで小顔効果も実感することができます。だいたい、施術してから1ヶ月後ほど経過すると効果が出てきます。

以上の点から、HIFU(ハイフ)の効果が現れるのは施術後1〜3ヶ月の時期を目安にすると良いでしょう。それまでに効果が現れなくてもあせる必はありません。

ご不安な点があればお近くの医療機関に尋ねると良いでしょう。

HIFU(ハイフ)を受けるときの注意点

HIFU(ハイフ)の機械は医療機関だけでなくエステサロンなどでも使用することが可能で施術を受けることができます。また、医療機関に比べて金額が安い場合もあります。

しかし、十分な技術を持たないエステティシャンが施術を行なうことで効果が得られないという事態も考えられます。また、効果が得られないというだけでしたらともかく、医療知識を持っていないエステティシャンが施術を行ったことによって、照射する力が強く神経損傷や火傷などのトラブルが発生したという事例があります。

実際に、国民生活センターでは、HIFU(ハイフ)の使用について以下のように呼びかけています。

エステサロン等でエステティシャン等による HIFU 機器を用いた美容施術を受けたことによ り、危害を生じた事例が寄せられています。HIFU 施術による侵襲行為は、医師の医学的知識 や技能を必要とする施術であり、医師以外の者による施術は絶対に受けてはいけません。

出典: www.kokusen.go.jp

FIRE CLINICは専門の医師が在中していますので、顔のたるみやシワなど気になる方は遠慮なくご来院ください。

おわりに

いかがだったでしょうか。

HIFU(ハイフ)の効果について記載させてもらいました。

HIFU(ハイフ)は専門家による施術を行えば約1〜3ヶ月で効果が出るものです。ただし、専門機関でないところでの利用は危険を伴います。HIFUの利用を考えられるなら一度医療機関でのご相談をしてみましょう。

FIRE CLINICでも受付が可能です。興味がある方はこちらから