FIRE CLINIC(ファイヤークリニック)

ハイフはどんな人に向いている施術?

はじめに

ハイフは、「30代を過ぎてお肌にハリがなくなった」「ほうれいせんが目立つようになった」と顔のたるみやしわが気になり始めた方が検討する施術で、「切らないフェスリフト」として皮膚にメスを入れることなくリフトアップ効果が望めます。ハイフのメリットやデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。また、どんな人に適しているかや、副作用についてもご紹介します。

1. ハイフの特徴

ハイフは高密度焦点式超音波療法と呼ばれ、皮膚の中にある各層に対して熱エネルギーでアプローチする治療です。カートリッジには1.5㎜~4.5㎜の深さのものがあり、カートリッジを使い分けながら、皮膚の様々な深さにターゲットを定めて治療していきます。

2. ハイフのメリット・デメリット

2-1.ハイフのメリット

まず最初に、ハイフのメリットを見てみましょう。

①傷跡が残らない

顔のたるみを改善する施術には、切開を伴う外科手術が今まで一般的で、メスを使うしかありませんでした。しかし外科手術は切開した跡が残ることが避けられず、たるみ改善の手術は「怖い」と感じる方が多く敬遠されていました。しかし、ハイフは、専用機器で超音波を照射するだけで、メスを使いません。体に傷跡をつけずにリフトアップを望めることから人気の施術となりました。

②リバウンドしない

ダイエットを頑張った経験のある方は、せっかく痩せることができたとしても「リバウンドしたらどうしよう」と心配したことがあると思います。一時的には体重を減らすことはできても、その後もキープするために運動を行ったり食事制限をしたりといった努力が必要です。しかし、ハイフの照射は脂肪細胞そのものを破壊します。一度破壊された脂肪細胞は再び増殖することはないため、リバウンドしにくくなります。(生活習慣や食生活の乱れで新しい脂肪細胞が増えることはあります。)

超音波で破壊された脂肪細胞は、白血球の一種「マクロファージ」によって徐々に消化され、その後体外へと排出されていきます。ハイフの施術後、脂肪細胞が完全に体外へ排出されるまで約4~12週間かかると言われています。

③即効性がある

これまでのたるみの治療は、効果が出るのに時間がかかったり、効果が出るまで数回通院する必要がありました。しかしハイフの場合、たるみの根本原因となるSMAS筋膜の緩みに直接アプローチし、熱収縮の作用ですぐに引き締め効果が実感できます。

2-2. ハイフのデメリット

次に、ハイフのデメリットです。

①痛みをともなう場合がある

クリニックで受けるハイフの場合、麻酔クリームを使用しますが、それなりのリフトアップ効果を得るには、高い出力数が必要です。出力数に伴ってチクチクとした痛みを感じることがあります。

※感じる痛みは、出力数や施術を受ける方によって異なるため一概に言えません。

②施術後腫れ、むくみ、赤みが出ることがある

照射した直後は赤みや腫れが出ることが多いと言われています。いつ頃落ち着くかどうかも個人差があります。しかし、現在コロナ渦でマスク生活が続いているため、このような副作用が気になる方にとっては施術を受ける良いタイミングです。

②効果は永久的でない

ハイフは照射直後からリフトアップ効果を感じやすい施術ですが、手術するわけではないので、その効果は永続的でありません。ハイフの効果は、一般的に3ケ月~半年と言われているため、ほとんどのクリニックは3ヶ月~半年のスパンで施術をおすすめしています。ファイヤークリニックのハイフは効果が高く、半年は持続すると言われています。

メリットだけなくデメリットも事前に知って、ご自身に合っている施術かどうか判断しましょう。

3. 向いている人、向いていない人

3-1. 向いている人

以下に当てはまる方は、ハイフの治療が適しています。

・目元のたるみが気になる方

・ほうれい線、マリオネットライン(口の両端から顎まで走っているシワ)

・引き締まったフェイスラインを実現したい方

・二重アゴが気になる方

・小じわが気になる方

・メスを使わないで本格的なリフトアップを希望する方

3-2. 向いていない人

美容系のインフルエンサーの影響でハイフに興味を持つ人が増えていますが、下記の方にはあまり向いていないとされています。自分がハイフに合っているかどうか迷っている方はクリニックの医師に相談してみましょう。

①顔に脂肪があまりない人

ハイフは超音波で皮下脂肪のある箇所にアプローチするため、皮下脂肪の厚みがある程度必要です。脂肪があまりにも少ないと他の組織にも影響を与えることから、施術が難しい場合があります。元々フェイスラインがシャープで顔に脂肪の少ない人が、更に小顔にするために皮下脂肪やSMASまで照射すると、頬がこけて、老けて見えることもあります。

②SMASが緩んでいない20代

ハイフはある程度年齢を重ねた30代以降のたるみに効果を発揮するとされています。これは、ハイフがたるみの原因になっているSMAS層へアプローチすることができるからです。

20代の皮膚は、SMASがまだそれほど緩んでいません。ハイフに備わっているSMAS層をターゲットにする深さ4.5mmへの照射は、30代のたるみに比べるとそれほど効果が期待できません。人によって老化の進み具合や脂肪のつき方には違いがあるため一概に年齢では言えませんが、丸顔やフェイスラインのたるみが気になる20代の方は、深さ3mmの照射で十分とされています。ファイヤークリニックにはハイフ以外にも施術を用意しておりますので、ご自身にはどの施術が向いているか、医師とカウンセリングした後に決めることをおすすめします。

③たるみ過ぎた皮膚

たるみ過ぎた顔には、ハイフはあまり効果を実感できない可能性が高いです。たるみ過ぎてしまうとハイフではなかなかリフトアップを実現することができないため、他の選択肢として「フェイスリフト」という手術や、糸リフト(スレッドリフト)などがあります。ご自身で判断せずに、まず医師のカウンセリングを受けて決めましょう。

4. 治療中・治療後の痛み

骨に響くような痛みと、皮膚の下がチクチク刺されるような痛みがあります。骨に響く痛みは、皮質骨による超音波吸収から生じる「熱反応」です。エステで受けたことのある方は「ハイフはそれほど痛くない」と感じていることも多いようです。エステの施術、古いタイプのハイフの場合はそれほど出力数が出ないので痛みも軽減されますが、医療用のハイフは出力数が出せるため、効果を期待する方にはそれなりの痛みが伴います。しかし、これらの痛みは照射の角度や麻酔クリームを使用することで軽減させることができます。

ハイフの施術中の痛みは、骨に響く痛み、チクチクとした痛みがあります。施術直後は腫れと赤みが出ることがあり、筋肉痛のような痛みが発生することがあります。これらの痛みは時間の経過とともに改善していきますので、ご安心ください。

治療後に腫れやすい特徴というものがあります。それは、顔に脂肪が多い方です。ハイフはタンパク組織が熱変性を起こす過程で皮膚が引き締まっていくため、脂肪が多い方にはそれだけ影響があるということです。施術後に赤みや腫れが出てしまう方には医師から「リンデロン-VG」などの軟膏を処方してもらえるでしょう。

5. ハイフ照射後の過ごし方

ハイフ照射後は、肌がとても乾燥しやすくなっています。施術後~1ヶ月の間は特にしっかりと保湿をし、日焼け止めを塗って紫外線のダメージを受けないように過ごしてください。

6. 効果はどのくらいの期間持つのか

コラーゲンの生成が活発になることによるハリやリフトアップは、施術から1ヶ月ほど経過するとだんだんと効果を実感します。ハイフは3ケ月の期間を空ければ次の施術を受けることができるため、通常のクリニックでは1年に1回~3回の施術が推奨されています。

ファイヤークリニックのハイフは、効果の出る器材を使用していることもあり、施術直後から最長6~8ヵ月持続すると言われています。

しかし、一度のハイフで永久的な効果を得ることは不可能です。持続期間が過ぎると、「また戻ってきた」と思うかもしれませんが、年齢には抗えません。「定期的にハイフを受けることでたるみが予防できる」と考えることも、美容医療と上手に付き合っていくコツとなるでしょう。

7. 施術が受けられない方

ハイフは肌質に関係なく受けていただける施術ですが、下記に当てはまる方は受けることができません。

・脂肪の厚みが非常に少ない方

・アトピー性皮膚炎の方
・授乳中・妊娠中の方
・施術箇所に金属が入っている方

・肝臓・腎臓を患っている方

気になる場合は、医師に相談してみましょう。 

さいごに

ハイフのメリットやデメリットについてご説明しました。メスを入れずに即効性を感じられるハイフは今とても人気です。ハイフに興味がある方は、事前にクリニックでウンセリングを受けて「自分に適しているか」を理解した上で施術を受けましょう。

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

LINEで簡単相談&ご予約

クリニックを選択してください