FIRE CLINIC(ファイヤークリニック)

【体験レポート】 マスク生活“お疲れ顔”を撃退!凹んだ鼻&目の小じわにヒアルロン酸注入してみた

最近、マスクを外した本来の自分の顔に自信を持てなくなったということはありませんか?この2年、マスクに合わせてメイクを変えたり、マスクの着けすぎで肌が荒れるようになったりと、何かと「マスクに振り回される」ことが多かったはず。

こんなお悩みはありませんか?

今まさに悩んでいるモヤモヤを、即日で解決してくれる美容法を紹介します。

ヒアルロン酸注入とは?

|顔にハリを出したり、顔の形を若干変えたりもできます

人体にもともと備わっている、水を吸収する「ヒアルロン酸」という成分を色々な部位に入れていきます。人体にもとからある成分なので、アレルギー反応を起こしにくいことがメリットです。

顔にハリを出したり、顔の形を若干変えたりもできます。

どんなパーツを施術できるの?

|顔周りだけで10箇所以上のパーツが施術可能

水分を含み皮膚を持ち上げていくヒアルロン酸ですが注入部位は顔の場合(こめかみ・頬・法令線・上瞼・ゴルゴライン・マリオネットライン・涙袋・鼻・顎・唇)と様々な部位によって使用されています。ヒアルロン酸を下から押し上げるように注入して線を無くし、若くて張りのあるツヤ肌を取り戻すことができます。

目の小じわを撃退するには?

∟目を開けたままで注入!?【「涙袋」体験レポート】

|メイク映え間違いなし!ふっくら「涙袋」を作れる

最近、マスクを外した本来の自分の顔に自信を持てなくなったというそこのあなた。中でも「目元の変化」が大きく影響しているように思いませんか?

とある美容部員の方に聞いたところ、マスクを着けた際にすき間から漏れるこもった熱が目元を直撃し、アイメイクが乾燥する原因を作っているんだとか。アイシャドーが粉っぽくなり、それが目の小じわの間に入って余計老け顔に見えるそう…

さらに、在宅ワークが普及して、通勤時間に割いていた時間をそのまま業務に充てられるようになった分、目の酷使が辛いという人も多いかもしれません。目元の乾燥は肌に影響し、小じわやメガネ跡による色素沈着の原因となります。

ヒアルロン酸注入で、気になる小じわを目立たなくしたり、涙袋を大きくしたりという施術が可能です。

<施術の流れ>

・メイクオフ(院内に到着してからでOK。洗面台でゆっくりメイクオフできます。)

・消毒して麻酔の注射

・ヒアルロン酸を注入

・注入後、注射針を抜いて、医師の指でヒアルロン酸をなじませる

鏡を見て仕上がりチェック

 ⇒「もっと膨らませたい」と思ったら追加でヒアルロン酸を注入

 ⇒「入れすぎた」と思ったらヒアルロン酸を抜くことも可能

 ⇒ここで止めておくことも可能

・(目元の場合)反対側も同様に注入

ちなみに、目元は「カニューレ」という先端が尖っていない特殊な針を使うため、痛みの少ない施術を行うことができます。

目を開けたままで注入!?【「涙袋」体験レポート】

体験者:ライター本間

<実際に注入してみた感想>

最初は目のきわに注射を打つと聞いてビビりまくっていました。でも触診の際、先生の手が私の顔に添えられると、全く動じることなく、先生ご自身が落ち着いていることが伝わりました。ようやく、この人に任せて施術に協力しようと腹をくくることに。そうは言っても、目の施術はやっぱり怖かったです。麻酔で眠らされるわけではないので、意識を保ったまま、自分の目に向かってくる注射針の先を見つめているのですから…

私の場合、右目は開けたまま注射されても全然涙が出なくて、4針くらい注入して2~3分で完了。一方で左の注射はすごく涙が出て、目を開けていられませんでした。途中、コンタクトが浮きそうなほど涙があふれたので、コンタクト利用者の方はあらかじめ外しておくことをおすすめします。人によっては、左右で涙が出やすい目に差があるのかもしれません。痛かったけれど、仕上がりを鏡で見て「おおおお!」と叫んでしまうほど、くっきり涙袋が作られたと分かりました。

<施術当日に注意すること>

・メイクはしっかりオフすること

アイシャドーやクリームをしっかり落とさないと、施術の時に注射針に付いてしまう可能性があるそうです。針先が汚れたまま施術してしまうと、皮膚トラブルの原因になります。メイクはちゃんと落としておきましょう

もちろん、院内でもメイク落としをお借りできます。

・術後の運動、飲酒を避ける

ヒアルロン酸注入後、注射針の跡が残りますがダウンタイムは1~2日程度。 

ヒアルロン酸は水に反応して膨らむ性質があるので、発汗や飲酒時、施術箇所が膨らんでしまう可能性があります。形を保つためにも、運動・飲酒は避けましょう。

<後日、ダウンタイム>

・帰宅後~当日寝る時

 「目をぎゅっと閉じると力が入って形が崩れるかもしれない」と注意を受けていたので、目をこすったり指で押したりしないよう、気を付けながら帰宅。初めての美容整形のため、おっかなびっくりで洗顔しようにも形が崩れないか不安…。勝手が分からず、施術した夜は洗顔せずに寝ました。私のように施術後の洗顔が怖い場合もあるので、やはり施術前にしっかりメイクオフしておくことが重要だと思いました。さらには、洗顔を済ませておいてもいいかもしれません!

寝る時も寝返りを打って顔の形が崩れないよう、なるべく動かないで寝るようにしました。

・翌日

 施術翌朝、鏡を見て形が崩れていないことを確認して一安心。いつも通り洗顔しても、目に沁みたりしませんでした。目元に注射針の跡が残っていてなんだか不思議な感じ。痛み、痒みはありません。

・2日目

 画像右側の目に、昨日は確認できなかった内出血ができていました。私の場合は1日置いて内出血が出ましたが、人によっては翌日に出てくるようです。内出血による痛み、痒みはありません。

・3日目

 昨日までは洗顔するのもおっかなびっくりでしたが、だんだん慣れてきて、いつも通り洗顔できるようになりました。目元が痒い時は、指で押してしまうのがまだ怖いので、清潔な綿棒やティッシュの先でこするようにするのがおすすめです。

知人に「ヒアルロン酸入れたんだ」と話すと、相手はびっくり。「なんか変わったと思った!」と、嬉しい効果が…内出血していることは、私本人に言われるまで気づかなかったそうです。

メガネ跡でへこんだ鼻をまっすぐに!?

∟思わぬところから出血!?【「鼻」体験レポート】

|へこみ、ゆがみをまっすぐに!「キレイ鼻」を作れる

この日はもともと涙袋の施術のみをして頂く予定でしたが、担当してくださった先生のご提案で急遽「鼻のへこみ」も施術することに。一度、顔を触って頂くことで、こんな風に当日いきなり提案されることもあるそうです。(もちろん断ってもOK)

それにしても私「鼻のへこみ」なんてあったっけ?と思って手鏡で確認すると、確かにありました。思い返してみると、普段はメガネ着用が多く、しかもフレームがカチッとしていて硬い。とにかく、メガネをかけていると頭が凝るんです。メガネを外すとくっきりメガネ跡が残り、これが鼻へこみの原因か!と納得。それにしても、鼻のヒアルロン酸注入って…一体どこに針を入れるのでしょうか?それでは施術スタート。

<施術の流れ>

・メイクオフ(院内に到着してからでOK。洗面台でゆっくりメイクオフできます。)

・消毒後、麻酔なしでヒアルロン酸を注入

・注入後、注射針を抜いて、医師の指でヒアルロン酸をなじませる

鏡を見て仕上がりチェック

 ⇒「もっと膨らませたい」と思ったら追加でヒアルロン酸を注入

 ⇒「入れすぎた」と思ったらヒアルロン酸を抜くことも可能

 ⇒ここで止めておくことも可能

思わぬところから出血!?【「鼻」体験レポート】

体験者:ライター本間

<実際に注入してみた感想>

 鼻ってどこに注射してどう注入するんだろう?と思っていたら、意外な場所!なんと鼻の「穴と穴の間」から注射されました!い、い、痛い!(涙)

思いっきり「痛い~!」と泣き言を言っても、先生の手は止まりません。

目元の軟らかい部分への注入と違って、骨に直にプツプツと針を通されている感じ。と、悶えているうちにタラ―ッと鼻血が出る、あの感覚が顔の中に沸き起こりました。

もちろん、鼻をぶつけたわけでもないので、鼻の穴から血が出ているはずありません。鼻の穴と穴の間にもう一つ穴を開けたので、そこから血が出ているんです!

しかしこれは必要な施術…人によって皮膚の軟らかさや筋肉の通り具合が違うので、

私のように一度針の通り具合を試してみないと施術が進まないのだそうです。ガマン、ガマン…(それにしても痛い)

ところが、ここで作戦変更。私の鼻があまりにも硬く、針が通らないので、急遽針を通す場所を変えることに。せっかくここまでガマンしたのに…

今度は鼻頭から直接、針を通してみたところ、うまくいきました。これでやっとヒアルロン酸注入ができる…

ということで、2か所!鼻の下と上、両方に跡が残りました。人によっては一か所だけで済むかもしれません。こればっかりは、先生に針を通してもらわないと分からないそうです。

施術後に鏡を確認して、こちらも「おおおお!」と雄たけびを上げてしまうほど、キレイな仕上がり!beforeを見ても、鼻のへこみはあまり気になりませんが、afterは明らかに鼻筋がピカッと光っていました!術後の結果を見せてもらうと「やってよかった」と思いますね。

<施術当日に注意すること>

・当日は、首が詰まった服を着ない

 鼻にヒアルロン酸を注入した後は、形が崩れないように過ごすよう注意しましょう。

首が詰まった服だと脱ぐ時に鼻の形が崩れてしまってはいけないので、首元がゆったりした服を着ていくのがおすすめです。

・術後の運動、飲酒を避ける

ヒアルロン酸注入後、注射針の跡が残りますがダウンタイムは1~2日程度。 

ヒアルロン酸は水に反応して膨らむ性質があるので、発汗や飲酒時、施術箇所が膨らんでしまう可能性があります。形を保つためにも、運動・飲酒は避けましょう。

・マスクのワイヤーを「W」の形に!

鼻にヒアルロン酸を注入したので、形が崩れないよう、マスクで保護します。普段使っているマスクのワイヤー部分を、写真のように「W」に折って、付けるだけ。

ヒアルロン酸注入後だけでなく、普段からこの形でマスクをすることで、鼻の形をキレイに保てるそうです!

<後日、ダウンタイム>

・くしゃみして平気?寝返りは?

くしゃみをした拍子に鼻を抑えたり、鼻をかむ時にぎゅっとつまんだりしないよう注意しました。寝る時も寝返りを打って顔の形が崩れないよう、なるべく動かないで寝るようにしました。

・2日目以降

鼻頭に黄色いあざのような跡が…皮膚をぶつけた時にできるような、あのあざです!実はこれも内出血の一種。人によっては青ずみ・黄ばみが出るようで、消えるまで1~2週間ほどかかることがあります。内出血のリスクは残念ながら0ではありません。私の場合はBBクリームで隠せる程度で、特に痛みや違和感はありませんでした。

・施術する前に…普段から保湿を!

普段から皮膚に潤いと弾力を保つことで、内出血を防ぐ要因になります。私も化粧水をしっかり使って保湿しているので、内出血がこの程度で済んだのかもしれないと思いました。施術当日に向けて、肌のコンディションを整えておくことをおすすめします。

まとめ ヒアルロン酸注入 メリット&デメリット

|「こわい」「不安」という方には無料カウンセリングも

ヒアルロン酸注入の施術には、注射針を使います。目のきわや鼻頭など、普段ではあり得ない特殊な箇所に針を通すので当然怖いし、痛いです。でも、その痛みや恐怖はキレイを手に入れられるための対価です。施術後に鏡を見て、ほんの1ミリの変化でも、これは自分のためにやったことなんだと背中を押された気分になることは間違いありません。普通、整形というと隠したがるものですが、今回やって頂いた「プチ整形」、私はちょっと人に自慢したくなるくらい満足でした。さっそく、私の周りでも「やってみたい」という声が上がっています。

それでも、リスクはつきもの。最後に、今回体験してみてデメリットだった点をまとめておきます。

・内出血

人によっては内出血が出る場合もあります。大事なデート前やイベント、撮影を控えている場合は、万が一内出血が出ても完治する時間を確保できるよう、2週間程空けることをおすすめします。

・数か月で「消えてしまう」

痛みと恐怖を乗り越えて、ようやく注入したヒアルロン酸…感動したのは確かですが、この効果が一生続くわけではありません。ヒアルロン酸注入後、長持ちする期間はおよそ6ヶ月程です。ヒアルロン酸の効果が消えたタイミングでまた注入をする方が多いようです。中には、1年間気にならなかったという方や、数回やったら気にならないからしばらく受けてなかったという方もいます。

気になる方や不安な方は、ぜひファイヤークリニックの無料カウンセリングをお試しください。

twiiterの声

twitterで私と同じように、鼻と涙袋をヒアルやってもらっている人がいますね。

副作用

例えば注入による腫れ・内出血・触った時の硬さ(1週間ほど)・アレルギー反応など、その時の体調や個々の体質によります。心配であれば大切な用事の直前は避けた方が安心でしょう。ヒアルロン酸は実際に体の中に存在する成分ではありますが、稀にアレルギーによる赤みや腫れなど引き起こすこともあります。もし注入後気になることがあればクリニックに連絡してください。

値段

鼻 1cc 19800円(初回)

涙袋 0.2cc(両目) 涙袋(9800円)

最後にこの記事を監修したお医者さん(江越先生)も美容に関する様々な情報をお届けしています!

ぜひ興味のある方はチェックしてみてください。

PROFILE

江越 正敏
江越 正敏FIRE CLINIC総院長
2017年 佐賀大学医学部 卒業
2017年 都立松沢病院 勤務
2019年 都立多摩総合医療センター 勤務
2020年 FIRE CLINIC新宿院 開院
2021年 新宿、渋谷、銀座の3院に展開しFIRE CLINIC総院長を務める