FIRE CLINIC(ファイヤークリニック)

アトモキセチン(ストラテラ)について徹底解説!痩せ薬なの?ADHD治療薬として使用されているが、海外では過食症の治療にも使用されます。

アトモキセチン(ストラテラ)とは?

「こんにちは、FIRE院長です!」

アトモキセチン(ストラテラ)とは、注意欠陥多動性障害(ADHD)の治療薬です。

ADHDというと聞きなれない言葉かもしれませんが、注意力、集中力の低下や、多動性が目立つ、発達障害の一つです。

ADHDの治療薬でもありますので、集中力が増えて、作業能力が増えます。

アメリカではスマートドラッグとして、受験生や、シリコンバレーのCEOたちの間で流行ったこともあるようなお薬ですが、副作用もあるので、使用には注意が必要です。

また、今回はダイエット薬として説明しております。過食症に対する体重減少の効果もありますので、あなたが向いているかどうかわかるような内容となっております。

ぜひ最後までご覧ください。

こちらの動画ではアトモキセチンを使用して、体重が落ちた症例を紹介しております。

文字が読みづらいからはこちらからどうぞ。

アトモキセチン(ストラテラ)は個人輸入可能なの?

以前はアクセプタという同じ成分の医薬品が個人輸入可能でしたが、2019年1月1日より個人輸入が禁止されております。

医療機関で処方してもらうしか、手に入れる方法はございません。

個人で使用するのは非常に危険なので、友人からもらったり、twitterで購入したりなどの入手方法は控えてください。

アトモキセチン(ストラテラ)の副作用は?

最も頻度が高い、副作用としては、吐き気、便秘、口渇です。

また、集中思考を強める薬ですので、あまり添付文書には書いてないですが、

クリエイティブな思考がなくなります。

デザイナーやクリエイターの人は使用しない方が良いです。

単純作業や、繰り返しの作業のみ行うこと、単調な暗記や、つまらない文章を読み続けるなどは得意になります。

しかし、ADHDに使われるのが一般的なので、専門の医師の指導のもとに安全に使用していくべきです。

副作用としては以下が挙げられます。

食欲不振、吐き気、吐く、腹痛、下痢、口渇

頭痛、眠気、不眠、立ちくらみ、めまい

怒りっぽい、攻撃的、敵意の発現または悪化

動悸、頻脈、心拍数増加、血圧上昇

排尿困難、勃起不全、多汗症、味覚異常

体重減少、成長遅延

お薬110番

上記のようなさまざまな副作用があります。男性の場合は勃起不全で悩まれている方が以外と多いので、ED薬などと併用するのが良いでしょう。

女性の場合は吐き気の副作用が全体の3-4割の方であります。

また、動悸がしたり、脈が速くなるのは、ノルアドレナリンの再取り込みを阻害し、交感神経を高める効果があるためです。動悸が激しい場合やには使用を中止してください。

医療ダイエットでは、過食症、過食性障害の診断をつけて、治療適応を鑑みながら安全に処方しております。

アトモキセチン(ストラテラ)の飲み方、内服方法は?

通常、18歳以上の患者には、アトモキセチンとして1日40mgより開始し、その後1日80mgまで増量した後、1日80~120mgで維持する。ただし、1日80mgまでの増量は1週間以上、その後の増量は2週間以上の間隔をあけて行うこととし、いずれの服用量においても1日1回又は1日2回に分けて経口服用する。なお、症状により適宜増減するが、1日量は120mgを超えないこと

お薬110番

上記が添付文章上の記載です。

朝夕食前などに20mgずつ分けて内服する場合や、体格が小さい人は吐き気が出やすいので

朝夕食前に10mgずつ分けて内服するのがおすすめです。

アトモキセチン(ストラテラ)は保険適用になる?

アトモキセチンは日本では、ADHDの診断名がなければ保険適用になりません。

また、過食症と診断されても、保険診療にはなりません。

近年GLP-1やトピラマートなどの薬剤が非糖尿病患者で体重減少に有効という研究(Lancet 2022)が出されてますので、これからアトモキセチンもダイエット薬として認知されてくる可能性が高いと言えます。

トピラマートよりはアトモキセチンは安全な薬剤で、効果も優れていると個人的には思います。

アトモキセチン(ストラテラ)はどうして痩せるの?アトモキセチンは何ヶ月で何キロ痩せる?

アトモキセチンが痩せるのは、過食を抑える効果と、交感神経を活性化させ代謝を上げるためです。

具体的に臨床研究の結果を見ていきましょう。

アトモキセチンの臨床研究

過食症の患者にアトモキセチンを1日あたり、40mg-120mgの内服治療を10週間行った。

平均投与量は1日あたり106mgであった。

アトモキセチンを内服した郡において、過食の頻度、体重、BMIの有意な低下を認めた。

McElroy, S. L., Guerdjikova, A., Kotwal, R., Welge, J. A., Nelson, E. B., Lake, K. A., … & Hudson, J. I. (2007). Atomoxetine in the treatment of binge-eating disorder: a randomized placebo-controlled trial. The Journal of clinical psychiatry68(3), 1579.

平均BMI36の肥満女性15人に対し、12週間アトモキセチンを投与した。

アトモキセチンは1日あたり25mgから開始し、100mgまで増量した。

12週間でアトモキセチンを内服した郡は-3.6kgの体重減少を認めた。

アトモキセチンは、肥満女性のこの予備研究において、プラセボ(偽薬)と比較して適度な短期間の減量効果を示した。

Gadde, K. M., Yonish, G. M., Wagner, H. R., Foust, M. S., & Allison, D. B. (2006). Atomoxetine for weight reduction in obese women: a preliminary randomised controlled trial. International journal of obesity30(7), 1138-1142.

12週間で-3.6kgと、単剤ではなかなかの体重減少率があるようです。

過食の既往がある方や、太り過ぎの方において、安全に体重減少を引き起こせるようです。

アトモキセチン(ストラテラ)が向いている人、向いてない人!?

アトモキセチンが向いている人は夜間に過食がある人や、ストレスによる過食との因果関係が認められる場合です。また気分の波がある人は、トピラマートなどの気分安定薬による過食の治療が効果的な場合もあります。

過食症の治療には認知行動療法(personalized cognitive-behavioral therapy for obesity : CBTOB) が効果的です。FIRE CLINICでは、ダイエット治療、FIRE METHODの中にCBT-F:認知行動療法を用いたダイエットコーチングを取り入れることで、過食症や摂食障害の治療に取り組んでおります。

過食の原因には、精神的なストレスや気分障害、発達障害が隠れている場合があります。

短期的なダイエットではなく、長期的な根本治療を行い、安全に治療を行なっていくことで、最後のダイエットを目指しましょう。

アトモキセチン(ストラテラ)twitterの声

アトモキセチン(ストラテラ)はtwitterでも一部のユーザーでダイエット効果が認められているようです。

しかし、タンパク質の摂取もなく、ダイエットしてしまうと筋肉量が落ちてリバウンドに繋がるので、

1日のタンパク質の摂取量は60-100gくらいは意識して摂取する必要がありそうです。

かなり食欲が落ちるので、摂取すべき栄養はきちんととりながらダイエットしていきましょう。

アトモキセチン(ストラテラ)はどこで処方してもらえる?

FIRE CLINICではこちらの値段で処方しております。

アトモキセチン(10㎎)(30錠) 30錠 ¥10,000(税込)
アトモキセチン(40㎎)(30錠) 30錠 ¥25,000(税込)

ファイヤークリニックのオンライン診療では、遠方でも採血キットをお送りします。さらにLINEで気軽に医師と連絡が取れるので安心です。