医療痩身(メディカルダイエット)とは?【痩身専門医が効果や種類を解説します】

この記事の内容は以下の通りです。

医療痩身(医療ダイエット)とは
エステ痩身との違い

医療痩身で受けられるメニュー
医療痩身のメリット

医療痩身のデメリット
医療痩身が向いている人

FIRE院長
FIRE院長

こんなお悩みはありませんか?

『医療ダイエットって本当に痩せるの?』
『どうせエステと同じ感じでしょ?』
『いろいろ試したけど、いつもリバウンドしてしまう』
『運動や食事制限をせずに痩せたい』
『楽して痩せる方法があれば知りたいなあ』

このような悩みを解決する記事を用意しました。

この記事では、「医療痩身にはどんな特徴があるのか」「エステとの違い」をわかりやすく解説しています。

記事の後半では「メリット」・「デメリット」「医療痩身で受けられる治療メニュー」もしっかりと紹介しています。

記事を読み終える頃には、医療痩身についてよく理解でき、実際に治療を受けるかを自分で決められるようになりますよ!

今すぐに『自分に合った医療痩身メニュー』を知りたい方は、【7つの簡単な質問によるダイエット診断へどうぞ!

ファイヤークリニック

7つの質問で簡単にできる無料ダイエット診断はこちら

医療痩身とは【医療行為によるダイエット】

医療痩身とは、クリニックなどの医療機関で行われる「医療行為によるダイエット」の総称です。

最大の特徴は、医薬品や医療機器を使う医療行為である、ということです。

よって、施術者を行うのは「医師もしくは看護師のみ」に限定されます。

一般的なダイエットのような「食事制限」や「運動」ではなく、科学的な根拠に基づく治療メニューにより、ストレスなく体重・体脂肪を落とすことができます。

医療痩身(医療ダイエット)とエステ痩身の違い

エステと何が違うのかなあ…

結論、エステ痩身とは、全く別物です。

以下に簡単な比較表を用意しました。

医療痩身とエステの違い

医療痩身は、医薬品や医療機器により治療を行うため、施術者は医師か看護師に限定されます。

また、効果を実感しやすい一方で、一回あたりの費用が高く、副作用のリスクがあることがデメリットとして挙げられます。

一方、エステ痩身の主な目的は美容やリラクゼーションであり、リスクが低い代わりに効果に個人差が出やすい、のが特徴です。

従来の医療痩身には「脂肪吸引」や「胃バイパス手術」など、リスクの大きい方法しかありませんでした。

しかし、最近では

脂肪冷却
脂肪溶解注射
ダイエット薬
医療EMS

など、ダウンタイム(※1)の少ない方法も増えてきています。

(※1: 施術後に現れる皮膚の腫れや赤みが元に戻るまでの期間)

あなたに「どちらの”痩身”が向いているか」は、目的や予算、ご自身の健康状態によって異なります。

FIRE院長
FIRE院長

LINEで気軽にご相談ください!

ファイヤークリニック

7つの質問で簡単にできる無料ダイエット診断はこちら

医療ダイエットの施術メニューにはさまざまな種類があります。

脂肪溶解注射
GLP-1
ダイエット薬
認知行動療法(食事指導)
医療EMS
脂肪冷却
脂肪吸引

FIRE院長
FIRE院長

特徴をわかりやすくまとめました!

それぞれについて詳しく解説します。

脂肪溶解注射(メソセラピー)

ピンポイントに注射した部位の脂肪を溶かす部分痩せ治療

脂肪溶解注射の特徴は以下の通りです。

メリット ダウンタイムが軽い 部分痩せが可能 リバウンドしにくい
デメリット お腹や太ももなど大きな部位には向かない
副作用 腫れ、痛み
金額(1cc) BNLS: 1,980円〜5,000円
カベリン: 3,000円〜7,000円

関連記事:脂肪溶解注射はリスクがある?よくある誤解について痩身専門の医師が解説

関連記事:脂肪溶解注射カベリンとは?効果・副作用・料金について医師が解説

GLP-1(リベルサス・サクセンダ)

「やせるホルモン」GLP-1受容体作動薬を使った糖質吸収抑制ダイエット

メリット 食欲を抑える効果がある
注射と内服の両方がある
デメリット・副作用 低血糖、便秘、吐き気など
金額 リベルサス: 10,000〜20,000円
サクセンダ: 15,000〜30,000円

GLP-1とは「グルカゴン様ペプチド-1」の略で、人体である程度分泌されている物質です。

通称「やせるホルモン」とも呼ばれています。

GLP-1は、インスリンの分泌を促進し、糖を肝臓や筋肉、脂肪などに取り込ませて血糖値を下げるため医療の現場では糖尿病治療薬として利用されています。

GLP-1は摂取した食物の胃からの排出を遅らせる作用や脳に直接働きかけて食欲を抑える作用が得られます。

それにより好きなものを食べていてもすぐにお腹いっぱいに感じるようになり、我慢せずに食事量を減らす事ができます。

GLP-1にはサクセンダなどの注射のものがメジャーですが、注射が苦手な方にはリベルサスという内服のものもあり、当院ではどちらも取り扱いがございます。

主な副作用には「吐き気」や「便秘」があります。

関連記事:サクセンダの効果と副作用について

関連記事:ダイエットに効果的な飲み薬「リベルサス」とは?

医療痩身薬(ダイエット薬)

糖の吸収や食欲を抑える薬を使った投薬治療

メリット 楽に痩せることができる アンチエイジングなどの効果も
デメリット 単剤では効果が出にくいことが多い
効果発現までに時間がかかる(2〜3ヶ月)
副作用 低血糖、下痢、吐き気など
金額 数千〜数万円

ダイエット薬(ダイエットピル)とは糖の吸収や食欲を抑えたり、代謝を上げるなどの効果があるお薬たちの総称で、さまざまな種類のものがあります。

当院では約10種類のダイエット薬を患者様に合わせて処方するオーダーメイドダイエットピルメソッドプランもございます。

体質に合わなかった場合や思うように体重が減らなかった場合にすぐに医師が追加や変更を行うので購入したお薬が無駄になることはなく、色々なお薬を試すことができるため断然お得です!

もちろんですが、吐き気や下痢などの副作用に対する治療薬も追加料金なく同時にお出ししております。

ダイエット薬は使用方法を間違えると低血糖などの危険な状態に陥ってしまう場合があります。

使用前には必ず医師の診察と採血を行い、使用途中にも定期的に採血や問診などの健康チェックを行って安全に使用しましよう。

認知行動療法(食事指導)

doctor

セルフコントロールを目的とした心理療法

メリット 正しい食習慣を習得すれば一生ものの知識となる
デメリット・副作用 効果発現までに時間がかかる
金額 月44,000円

あなたはお腹が空いていないのに食べてしまっていませんか?

認知行動療法とは、この行動にうつす前の「〜しよう」「〜しなければいけない」「〜したいな」という思考や感情にアプローチする心理療法です。

これまで、うつ病やパニック障害など精神疾患の心理療法として用いられ、近年では、肥満、糖尿病などの生活習慣病の予防・治療においても、使用されています。

認知行動療法は、患者さんのセルフコントロールを目的の一つとしており、患者さんの生活状態に応じて、多様な方法を提供することができます。

当院ではこの認知行動療法を取り入れた食事指導ダイエットも行なっており、バランスの取れた食事を学び、同時に意識改革を行うことでプログラム終了後もリバウンドをしないダイエットを提供しています。

関連記事:認知行動療法とは?自分で出来る人や向かない人について解説

医療用EMS

専用の機器からの電気刺激で筋肉を強制的に収縮させ、同時に脂肪細胞を破壊

メリット 体への負担が少ない
リバウンドしにくく引き締まった体になる
デメリット・副作用 体に金属(タトゥーやペースメーカなど)があると施行できない
金額 1回77,000円

EMSとは「Electrical Muscle Stimulation」の略であり、筋肉に電気刺激を与えて筋肉の収縮運動を行うものです。

最近、海外の某有名サッカー選手による宣伝で一躍有名となったあのパッドも同じ原理です。

医療EMSは何が違うかと言いますと、そのパワーです。

当院の医療EMSはこれまでのEMSの48億倍の強力なパワーを持ち、MRIを凌駕する7テスラもの電磁場で、筋肉を強制的に超収縮させ、同時に脂肪細胞を破壊させます。

また筋肉を収縮させることにより筋肉の発達させる効果も期待できます。

筋収縮の回数は30分間の施術で2万回にも及びます。これは30分で2万回の腹筋やスクワットを行うのと同じ刺激だと言われています。

それによって筋肉が発達するため、リバウンドしにくく引き締まった体を手に入れることができます。

脂肪冷却(クライオポリシス)

専用の医療機器で脂肪細胞を冷やして破壊する治療法

メリット 部分痩せが可能 リバウンドしにくい
デメリット、副作用 凍傷や内出血、逆説的脂肪過形成
金額 一回3〜7万円程度

その名の通り脂肪細胞を冷却します。

脂肪細胞は4℃まで冷却されると破壊されますが、表皮などの他の細胞は4℃まで冷却されても破壊されないという違いを利用して脂肪細胞のみを破壊していきます。(凍傷などの副作用は一定の頻度で起きます)

こちらの方法も気になる部分の脂肪を冷やすことができるので部分痩せが可能になります。

脂肪冷却の副作用として「逆説的脂肪過形成(※2)」があります。

※2: 施術した部位の脂肪組織が逆に増えてしまうというもの

上記の副作用の報告は海外のものであり、日本では報告されていません。

関連記事:【脂肪を凍らせて破壊】脂肪冷却についてメカニズム、効果、副作用、施術後の過ごし方まで徹底解説!

脂肪吸引

脂肪細胞を直接吸引して除去する手術

※当院では施術を行っていません。

メリット 部分痩せが可能 リバウンドしにくい
デメリット 体に傷が残る ダウンタイムが長い
副作用 内出血、感覚障害など
金額 一回30〜100万円程度

手術を必要とする医療ダイエットですがその一つに脂肪吸引があります。

脂肪吸引は物理的に脂肪細胞を除去します。
まず脂肪組織と他の組織を分離して、皮下に吸引管を挿入して脂肪を吸引していきます。

その際に体にメスで傷をつけるため、め大きさとしては小さいですが傷跡が必ず残ってしまいます。

さらに麻酔を使用して手術を行いますので、それによるリスクも生じてきます。

術後は内出血による青なじみや腫れが生じますので、しばらくの間コルセット等で圧迫しなければならない場合が多いです。

関連記事:脂肪吸引のメリット・デメリットについて

7つの質問で簡単にできる無料ダイエット診断はこちら

医療痩身(医療ダイエット)のメリット

医療ダイエットのメリットには以下のようなものがあります。

ストレスなくダイエットできる
リバウンドしにくい
部分痩せにも対応

それぞれについて解説します。

ストレスなくダイエットできる

医療ダイエットは施術コーチングなどを行い、ストレスなくダイエットを行うことができます。

薬には食欲抑制、吸収抑制、脂肪燃焼などの効果があります。

自然と満腹感を与えることで通常よりも食べる量を減らしたり、間食を抑えるなどが期待されます。

リバウンドしにくい

医療ダイエットはリバウンドしにくいという特徴があります。

リバウンドの原因の多くは一時的に縮小した脂肪細胞が肥大化することです。

運動や食事制限など通常のダイエットでは脂肪細胞を小さくするだけであり、脂肪細胞の数を減らすことはできません。

そのためダイエットに成功しても再び元の生活に戻ってしまうと水風船のように脂肪細胞が肥大化してリバウンドしてしまいます。

医療ダイエットでは脂肪冷却や脂肪溶解注射、EMSなどにより脂肪細胞そのものを破壊して数を減らします。

部分痩せにも対応

医療ダイエットは全身的に痩せる治療だけではなく、部分的に気になる箇所へ治療することもできます。

全身的にダイエットされたい方は主に医薬品コーチングなどが効果的です。
医薬品(ダイエット薬)だけでも効果は得られますが、より効果を高めるためには一人一人にパーソナライズされたコーチングをお勧めすることがあります。

部分痩せではフェイスライン腰回りなど通常のダイエットではなかなか落ちない脂肪に狙いを定めてダイエットを行うことができます。
主に脂肪溶解注射や脂肪冷却などが代表的な施術です。

7つの質問で簡単にできる無料ダイエット診断はこちら

オンライン診療と通院について

doctor

安全に医療ダイエットで治療を行うためには医師の診察・処方が必要となります。

直接病院やクリニックへ行くか、近くにクリニックが無い場合はオンライン診療で医師の診察を受けることもできます。

遠方で通院する負担が大きい方はオンライン診療もお勧めしますが、通院できる範囲内にいて、初めて医療ダイエットを行われる方は通院されることをお勧めします。
それには下記のような理由があります。

  • 治療の選択肢が広がる
  • 遺伝子、血液検査ができる
  • じっくり相談できる

脂肪冷却や注射などの施術がオンライン診療ではできないことはもちろん、遺伝子検査などの肥満体質を知るための検査も通院すると行える場合があります。

またダイエットの治療は人それぞれ変わるため、初めて医療ダイエットを行う場合は最適な治療を選択するためにも通院されることをお勧めします。

※当院の血液検査は郵送でオンライン診療の方にも対応しています。

水を飲む女性

医療痩身(医療ダイエット)のデメリット

医療瘦身では、医薬品や医療機器を使用するため、副作用のリスクがあります。

施術内容によっては、傷跡や内出血などができるため、数週間ほどダウンタイムが必要になる場合もです。傷跡や内出血は時間とともに薄くなりますが、うまくいかないとそのまま跡が残ってしまうケースも。

経験豊富な医師のもとで施術を受けることで防ぐことが可能ですが、不安がある方はアフターフォローが受けられるクリニックを選ぶと良いでしょう。

なお、医療ダイエット(医療痩身)は保険適用とならないことから、費用が高額になりやすい点もデメリットといえます。

ファイヤークリニック

医療ダイエット(医療痩身)がおすすめな人

医療ダイエットがおすすめな人の特徴は以下の通りです。

・短期間で効果を実感したい人
・いつもリバウンドしてしまう人
・部分的に痩せたい人
・食事制限や運動をしたくない人
・楽をして痩せたい人

FIRE院長
FIRE院長

1つでもあてはまったら「ダイエット診断」を受けてみてください!

7つの質問で簡単にできる無料ダイエット診断はこちら

まとめ

今回はFIRE CLINICの真髄とも言える医療ダイエット(メディカルダイエット)についてご紹介しました。

医療ダイエットは楽に効果的に痩せることができ、さらにリバウンドをしにくくなります。

医療ダイエットは安い価格ではありませんが、効果のないダイエットを続けるよりは効果的で結果的に安く済む可能性が高いです。

当院は痩身専門クリニックです。当院自慢のプログラムで、これまで多くの患者様がダイエットに成功しております。

当院でのダイエットに興味のある方は無料カウンセリングを行なっておりますのでお気軽にお問い合わせください。

7つの質問で簡単にできる無料ダイエット診断はこちら

PROFILE

江越 正敏
江越 正敏FIRE CLINIC総院長
2017年 佐賀大学医学部 卒業
2017年 都立松沢病院 勤務
2019年 都立多摩総合医療センター 勤務
2020年 FIRE CLINIC新宿院 開院
2021年 渋谷院、銀座院開院
2023年 新宿、渋谷、銀座、名古屋の4院に展開しFIRE CLINIC総院長を務める。
2024年 公益財団法人ルイ・パストゥール医学研究センター 再生医療研究室 特任研究員