FIRE CLINIC(ファイヤークリニック)

脂肪溶解注射カベリンとは?効果や副作用について医師が解説します。

注射による部分痩せができることで有名な脂肪溶解注射「カベリン」。カベリンとはどのような種類の脂肪溶解注射なのか、効果や副作用について医師が解説します。

解説の医師は

院長 江越正敏先生

ファイヤークリニック新宿院院長。美容医学、遺伝子学、栄養学、精神医学など肥満治療に関わる多方面から痩身医学研究と実践をする。

カベリンとは?

カベリンは脂肪溶解注射の種類の1つで、注入か所の脂肪細胞自体を収縮・減少させることによりダイエットの効果が期待されます。カベリンの特徴としては、ほかの種類よりも脂肪を溶かす効果が強いことが上げられます。脂肪を溶かす成分であるデオキシコール酸が高濃度で配合されているため、他の脂肪溶解注射で効果に満足できなかった方にもおすすめです。

※カベリンは別名、カベルラインと呼ばれることもあります。

またダウンタイムも軽く、施術後はほとんど日常生活へ影響を与えることはありません。施術時間は多くの場合10分~30分で終わることが多く、気軽に受けられる痩身治療と言えます。また麻酔も用いることで痛みに弱い方も問題なく施術が可能です。

カベリンの効果や他との違いは?

脂肪溶解注射にも種類が多くあり、脂肪を減らすものやただ脂肪の燃焼を促進するだけのものもあります。カベリンは実際に脂肪細胞を減らすことが期待され、他の脂肪溶解注射と比較するとその効果が強いとか考えられています。特にフェイスライン、目の周り、鼻などの部分的に脂肪を取り除きたい方に優れた効果を発揮します。

脂肪溶解注射の中で主に脂肪を溶かす成分としてはデオキシコール酸があります。デオキシコール酸は肥満の原因となる脂肪細胞の細胞膜を壊し、中にある脂肪滴を排出させる効果があります。

カベリンにはデオキシコール酸が約0.6%と高濃度で含まれ、昔からあることで有名な脂肪溶解注射BNLSと比較すると約5000倍の濃度と言われています。またよく比べられる脂肪溶解注射にデオリポ(Deolipo)がありますが、デオリポはカベリンと同様の成分が含まれているため、効果に大きな違いはありません。

※2019年12月よりカベリンのデオキシコール酸濃度は0.6%に変更されました。

このことによりカベリンはピンポイントで皮下脂肪を収縮、減少させ、小顔、二の腕、お腹などの部分痩せが期待されます。効果が表れるまでの期間は個人差や部位によっても違うものの、おおよそ30日~90日で効果が実感できるでしょう。

カベリンの向いている部位とは?

顔(フェイスライン・頬)
顔周りは効果はカベリンの特に効果が表れやすい部位であり、小顔効果に適しています。大きな副作用がなく、効果も表れやすいため、HIFUや脂肪吸引と比べてもおすすめです。一般的に2週間ほど間隔を空けて2~3回ほど注入することが多いです。

顔(鼻・まぶた)
鼻頭付近や目元のふくらみを抑えることで効果が期待されます。団子鼻などの解消に向いており、施術回数2回ほどで効果が期待できます。またボトックス注射と合わせることでより一層、相乗効果が期待されます。

二の腕
二の腕は私生活でうまく活用されず、代謝の低下やセルライトがたまりやすい部位です。このような部分痩せにもカベリンは効果が期待できます。ただ必要注入量は顔周りと比べるとやや多くなり、片腕で12~20ccほど注入することが多いです。しかし一度脂肪細胞が破壊されるとその後のリバウンド防止につながります。必要施術回数はおそよ3~4回ほどです。

太もも
カベリンの太ももへの注入はできないものではありませんが、必要となる注入量が多くなりやすく、当院では積極的なおすすめはしていません。施術自体は可能ですが、あまり注入量が多くなる場合は腎臓への負担も表れやすいため、当院ではより深い層へ電磁場へプロ―チする医療用EMSなど他の施術をおすすめしています。個人差もあるため迷われた場合は一度当院へご相談ください。

カベリンはリバウンドするの?

またカベリンはリバウンドしにくいことも特徴として上げられます。食事制限などの一般的なダイエットは脂肪細胞を一時的に小さくして痩せることが多く、時間がたつとともに再び脂肪細胞が大きくなるリバウンドが引き起こす可能性があります。一方で、カベリンによる脂肪溶解注射はリバウンドの元となる脂肪細胞のそのものに効果を発揮し、数を減らすことにより、リバウンドの防止につながります。

カベリンの副作用は?

カベリンは副作用を抑える成分が含まれているため、ダウンタイムを抑えたい方に向いています。ただ全く副作用がないわけではなく、よくある副作用としては内出血や腫れが見られます。腫れの程度はあまり目立つことはなく、顔であればマスクをすれば隠れることがほとんどです。他には熱感、硬結、つっぱり感があり、ごく稀にアレルギー、感染、痺れ、痒みなどが生じます。

上記以外にも不安な点がある場合はお気軽にご相談ください。

カベリンの注入量や回数の目安は?

脂肪溶解注射カベリンはおおよそ2回目頃から効果が表れ始め、3回~5回ほどで効果が最大限に効果を発揮することが多いです。また個人差はありますが部位ごとの注入量の目安は下記の通りです。

ただしあくまでも目安であるため、施術を受けられる際は事前にクリニックへ相談されることをおすすめします。

脂肪溶解注射カベリンの料金は?

またカベリンの一般的な相場はおよそ1cc4,000円~8,000円程度とやや値段の幅が広い施術です。

ダイエット・痩身専門のダイヤ―クリニックでは初回限定で1㏄あたり3,480円で施術を提供させていただきます。脂肪溶解注射の施術に興味のある方や、以前施術したが効果が感じられなかったという方は、ファイヤークリニックへご相談ください。

ファイヤークリニックの脂肪溶解注射↓↓

LINEで簡単相談&ご予約

クリニックを選択してください