FIRE CLINIC(ファイヤークリニック)

HIFU(ハイフ)についてメカニズムからデメリットまで詳しく解説!

こんにちは!FIRE CLINICです!

今回は当院でも人気の治療であるHIFU(ハイフ)について徹底解説していきます!

年齢とともにたるみが気になってきてどうにかしたいという方は、ぜひ読んでいただけますと幸いです。

 

そもそもHIFU(ハイフ)とは?

ハイフとは、High Intensity Focused Ultrasound(=高密度焦点式超音波療法)の頭文字を取って、HIFU(ハイフ)と呼ばれています。

超音波エネルギーを熱エネルギーに変え、たるみの原因となっている表皮の下の組織すなわち真皮細胞や表在筋腱膜系(SMAS)の細胞を60−70度程度に熱することで効果を発揮します。

HIFUは他にも熱を利用して癌細胞を破壊するなど、低侵襲な治療法として広く利用されている技術です。

虫眼鏡で太陽の光を集めて、一点だけを高温にする原理によく例えられます。

このような原理を使い、超音波を集束させて肌内部の特定の領域を細かい点で熱凝固させていきます。基本的には表皮にはダメージがないため、見た目のダウンタイムはほとんどありません。たるんだ筋膜を熱で刺激し、熱のダメージによる創傷治癒の過程でコラーゲン生成を促進させて、肌深部からリフトアップ効果をもたらします。

 

施術の流れ

上記のように、お肌にジェルを塗布し、その上から器具をあてて細かく照射していきます。

3つのカートリッジを使用して深さを調節し、真皮層、脂肪層、筋膜層に狙いを定めて照射していきます。適切な深さに照射することが重要です。

例えば目尻は皮膚が薄いので1.5mmなど浅く顎下などは4.5mmなどで深く照射していきます。

3層で全顔の施術を行う場合は、60-90分ほど時間がかかります。

 

何回で終わる?かかる期間は?

HIFUの治療には基本的には終わりはなく、3ヶ月−6ヶ月に1回メンテナンスで継続して繰り返し照射していくことがおすすめです。また治療後にすぐ効果がでるわけではなく、治療して1−2ヶ月の間に組織が治っていく過程で引き締め、リフトアップ効果がでてきます。

また、お金に余裕がない方は、パワーを強めにしてもらい、半年に1回でもよいと思います。

わざと皮膚の奥を傷をつけて、治る過程で効果が現れてくるものですので、一回でも効果はありますが、メンテナンスで継続していくべき治療です。

合わせてこちらもお読みください。https://www.fire-method.com/956/

 

どういう悩み抱えた人が受ける?

法令線のたるみや、小皺改善を狙いたい人が一番おすすめです。

美肌効果などといろいろとHIFUの効果は謳われていますが、HIFUの一番の効果はたるみ改善です。

皮膚の厚さを見極めて、しっかりと筋膜層にあてていくことが一番重要です。

糸リフトなどのような即効性はありませんが、年単位の経過でみると、一番たるみ改善、たるみ防止に効果のある施術といえます。

また、浅い層に当てることでコラーゲンの増生なども効果はありますが、肌質改善、美肌にはフラクショナルレーザーやダーマペンの方が私はおすすめです。

 

金額は?
メリット&デメリット(副作用)は?

金額は3-10万円くらいで機種により値段が異なることが多いです。

メリット

一番のメリットは超音波エネルギーを使用しているので、ダーマペンなどと違って直接表皮を傷つけず直接真皮に到達できるため、ダウンタイムが軽く短いことです。お化粧などは翌日から通常通り可能ですし、副作用も軽く、頻度も少ないです。

医療用HIFUはどの機種がよいなどは明確にデータはないですが、エステよりはパワーを高めることが可能なので、エステより効果が高いです。

 

デメリット

頻度の高い副作用としましては赤み、腫れやむくみ、痛みなどが挙げられますがこれらは施術当日には生じますがほとんどが翌日には改善します。

まれに超音波が骨膜に反射してやけどを起こす事故が世界中で多発しています。HIFUは超音波ですので、骨の近くの部位に当てると反射して、表面の皮膚がやけどを起こすリスクがあります。また、照射のパワーを高めすぎると、熱凝固が広い範囲で行われ、神経損傷ややけどのリスクが高まります。HIFUでおきた神経損傷は、末梢神経ですので、数ヶ月様子をみれば感覚はもどってきます。口角の周辺は表皮のすぐ下に神経が通っているためリスクが高く施行していないクリニックもあります。やけどについては、やけどの後に一過性の色素沈着を起こすことがありますが、こちらもすぐに治るとは言いませんが半年から1年の間で穏やかになることがほとんどです。HIFUはベテランの看護師や医師に施術を担当してもらうことがおすすめです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。HIFUはたるみなどの改善にとても効果的でかつデメリットの少ない治療法です。当院でもとても人気の治療で多数の実績がありますので是非当院での治療もご検討ください。

 

<参考文献>

  1. Aşiran Serdar, Z., Aktaş Karabay, E., Tatlıparmak, A., & Aksoy, B. (2020). Efficacy of high-intensity focused ultrasound in facial and neck rejuvenation. Journal of Cosmetic Dermatology, 19(2), 353–358. https://doi.org/10.1111/jocd.13008
  2. Ayatollahi, A., Gholami, J., Saberi, M., Hosseini, H., & Firooz, A. (2020). Systematic review and meta-analysis of safety and efficacy of high-intensity focused ultrasound (HIFU) for face and neck rejuvenation. Lasers in Medical Science, 35(5), 1007–1024. https://doi.org/10.1007/s10103-020-02957-9
  3. Park, H., Kim, E., Kim, J., Ro, Y., & Ko, J. (2015). High-intensity focused ultrasound for the treatment of wrinkles and skin laxity in seven different facial areas. Annals of Dermatology, 27(6), 688–693. https://doi.org/10.5021/ad.2015.27.6.688

PROFILE

江越 正敏
江越 正敏FIRE CLINIC総院長
2017年 佐賀大学医学部 卒業
2017年 都立松沢病院 勤務
2019年 都立多摩総合医療センター 勤務
2020年 FIRE CLINIC新宿院 開院
2021年 新宿、渋谷、銀座の3院に展開しFIRE CLINIC総院長を務める