FIRE CLINIC(ファイヤークリニック)

ニキビの種類について(ケアと出来やすい部位についても解説)

みなさん、こんにちは。FIRE CLINICです。みなさんは、「ニキビ」ってご存知ですよね?

実は、一言でニキビと言っても、状態も症状も色々あります。

ニキビがどんな状態かで、呼び方も出来る原因も治療の方法も変わってきます。

今回は、ニキビの症状や種類について詳しく解説していきます。また、発生しやすい場所やそのケアについても述べていきます。

ちなみに、思春期ニキビの治療については「思春期ニキビの原因と対処法(予防も解説)【ニキビで困っている人必見】」の記事に詳しいので併せてご覧ください。ニキビのケアに困ったらFIRE CLINICまでご連絡ください。

思春期ニキビと大人のニキビについて

まず、年齢に応じたニキビの種類の違いについて解説します。思春期に現れるニキビを「思春期ニキビ」、大人になって現れるニキビを「大人ニキビ」といいます。

 

思春期ニキビ

思春期ニキビは20歳前後までにできるニキビです。

 

おでこや鼻の周り、いわゆるTゾーンの周りにできやすいのが特徴です。

ニキビが出来る原因ですが、性別問わず成長期に男性ホルモンの分泌が一時的に増えてしまい、皮脂が過剰に分泌されることが挙げられます。

 

皮脂が過剰に分泌されると毛穴が詰まり、アクネ菌というニキビの原因菌が繁殖します。

 

また思春期に炎症したニキビは跡が残って肌が凸凹、いわゆるクレータ―のような見た目になり、大人になってもニキビ跡が治らないこともあります。

 

思春期の頃から正しくニキビケアをすることが大切です。

大人ニキビ

一方、大人ニキビは20代以降に出来るニキビです。アゴや口の周り、いわゆるUゾーンにできやすいのが特徴です。

 

ニキビが出来る原因ですが、肌の乾燥や食生活の乱れ・ストレスにより皮脂の量が増え、毛穴が詰まることが挙げられます。

ニキビの見た目や症状による分類

次に、ニキビの症状についてのべていきます。

白ニキビ

白ニキビはニキビの初期段階であり、角質が毛穴をふさいでいる状態です。

 

白ニキビはストレスやホルモンバランスの乱れなどが原因で出来ます。

 

毛穴の中で皮脂が詰まっており、入りきれない皮脂が毛穴からはみ出してしまい、肌表面はプツプツした見た目になっています。

 

白ニキビは面ぽう・コメドという別名称でも呼ばれています。

 

この段階ではまだ炎症を起こしている状態では無いので、痛みは殆どないです。

 

白ニキビの効果的なケアの方法

 

この段階では、ニキビ菌を増やさないために、肌を綺麗かつ清潔に保つことが大事です。

 

毛穴に溜まった角質をやさしく取り除くことが効果的です。

 

また、日常での規則正しい生活を送ることも大事になってきます。

 

黒ニキビ

黒ニキビは、毛穴内部に溜まってしまった皮脂が肌表面にまで進出し、空気中の酸素によって肌表面の皮脂が黒く酸化した状態です。

 

色が黒いので、シミやほくろのようにも見えます。

 

原因はホルモンバランスの乱れや、油分の多い化粧品やクリームなどが考えられます。

 

この段階でも炎症性ではないため、痛みは存在しません。

 

黒ニキビの効果的なケアの方法

基本的には白ニキビと同じ方法でケアすることがお勧めです。

 

また、皮脂が酸化しているので抗酸化作用のあるビタミンCを摂取することも効果的です。

赤ニキビ

肌のターンオーバーのリズムが乱れてしまうと、毛穴に過剰な皮脂が溜まります。

 

すると、ニキビの原因であるアクネ菌がこの皮脂を栄養にして増殖します。

 

毛穴の中で増殖したアクネ菌が活性化して炎症を起こすと、赤く腫れ上がり赤ニキビになります。

 

この段階では炎症しているので、痛みを感じます。

 

炎症を起こしている毛穴の中や、そのまわりに集まった白血球がニキビ菌と戦っている状態です。

 

炎症が起きているということは、周辺の皮膚組織が崩れている状態なので、ニキビ跡が生じます。

 

赤ニキビが一度出来てしまうとその毛穴に繰り返し赤ニキビが出来ます。

 

赤ニキビが出来る度に発生する炎症で毛穴周辺の皮膚組織はどんどん破壊され、クレーターの用に肌が凸凹になったり色素沈着が発生します。

 

赤ニキビを無理に潰すと炎症が広がったり、ニキビ跡が消えなくなります。手で触ったり爪で潰さないことが大切です。

 

赤ニキビの効果的なケアの方法

肌への刺激を出来る限り避けて、これ以上ニキビを悪化させないようにすることが大切です。

 

赤ニキビの部分にはコンシーラーやファンデーションを塗らないようにしましょう。

 

スキンケアの際には、抗炎症作用を持つ商品を使うことがお勧めです。

 

もし炎症が酷いときには、病院の皮膚科を受診して治療してもらうことも効果的です。

黄ニキビ

ニキビは本来、表皮の皮脂腺の上に発生するものです。

 

しかし、炎症が進むと真皮内に膿が溜まり、その膿が大きく腫れてしまいます。

 

この状態が黄ニキビであり、膿ニキビとも呼ばれます。

 

黄ニキビは炎症性が強く、毛穴の壁を壊し真皮までへこんでしまい、クレーター状のニキビ跡となります。

 

この段階まで進むと、病院の皮膚科で専門医の治療を受診することがお勧めです。

 

治療法はPDTやケミカルピーリングなどの外側からアプローチする治療や薬物での治療、ホルモン治療、栄養療法や栄養指導などの内側からアプローチする治療があります。

 

黃ニキビの効果的なケアの方法

赤ニキビと同じケア方法ですが、赤ニキビより重症化しているために、早めに医療機関の受診をおすすめします。

 

ニキビ跡が残ってしまった場合はピーリングなどで古い角質を取り除き、ターンオーバーを活性化させるようなケアも大切です。

ニキビが出来る場所と原因による分類

Tゾーンに出来るニキビ

眉毛から眉間、鼻筋にかけての部位をTゾーンと言います。

 

Tゾーンは皮脂腺が発達して、皮脂が一番多い部分です。過剰な皮脂の分泌により、毛穴が詰まることでニキビが出来ます。

 

オイリー肌の人やホルモンバランスが安定しない10代に出来やすい場所です。

あごや首に出来るニキビ

あごや首の周辺はヒゲが生える場所です。

 

女性でも男性ホルモンによりニキビが出来てしまいます。

 

また、頬づえなども皮膚の刺激となることでニキビが出来ることもあります。

おでこに出来るニキビ

おでこは思春期ニキビが最も多く見られる場所です。

 

思春期のホルモンバランスの乱れが原因でニキビが出来ます。

 

シャンプーや洗顔料の洗い残しが刺激になってニキビが出来ることもあります。

口の周り

暴飲暴食や偏食、油っぽい食事により胃腸が弱ることが原因で、口のまわりにニキビが出来やすくなります。

さいごに

以上がニキビの種類とそれぞれのニキビへの対策になります。

 

皮膚の表面にニキビの跡が残ってしまうと中々治らないので、ニキビは出来てしまう前の予防対策が重要です。

 

日常生活で出来る対策としては、シャンプーや洗顔料のすすぎ残しに気をつけたり、紫外線に当たらないように気をつけたり、顔を手で触らないなどが挙げられます。

 

疲れているとクレンジングがいい加減になりますが、洗浄力が強すぎずにきちんとメイクを落とすクレンジング商品を使うことにも気を付けたいです。

 

また、充分な睡眠をとることや、栄養バランスが取れた食生活にする、ストレスを適度に解消するなどを心がけることが大切です。

 

FIRE CLINICではこうしたニキビのケアも行っています。具体的にはダーマペン4やCLRローションを使って、肌に負担なくケアをしています。

 

ニキビにお悩みの方はFIRE CLINICまでご来院ください。

LINEで簡単相談&ご予約

クリニックを選択してください